AtoZ 時々 鬱な日記

Open / Close

高校の同窓会

50. その他 2016年8月15日 月曜日 19:39:54

2016.8.14
卒業して20年の、同窓会。
10期生、20期生、30期生が一堂に会するオフィシャルなもの。
今回初めて出席した。
同じクラスで、
卒業してからもちょくちょく会ってたり、
卒業してから連絡取るようになったり、
ほんと最近会うことができたり、
そしてこの同窓会でほんとようやく会えたり、
同じクラスでもほんと懐かしくて。
そして他のクラスにも、ちらほら知ってる顔が。
話しかけると、向こうも覚えててくれたり、向こうは覚えてなかたったり、
ふとしたところでばったり会っておー!久しぶり!来とったん!?なんて奴もいたり。
ホテルの会場で行われた総会から、二次会、三次会へとなだれ込み。
二次会では、ほかのクラスのひととたくさん話した。
そして中学一緒だったっけ!?ってひとがいたり。
で、帰って中学のアルバム見ると同じクラスやん!て判明したり。
なんせ、小中高ずっと一緒だった奴もけっこういるので、
誰がどこの繋がりだっけ?てなることしばしば。
帰りは、その、小中も一緒だった3人と一緒にわいわい帰ったり。
そして、同じクラスのみんなと集まると、ほっとするε-(´▽`)
なんか、落ち着く。
地元に帰ってきても、なんかまだアウェイな感覚があるんだけど、
それはやっぱ高校卒業してからずっと、地元を離れてたし、
帰省もあんましてなかったからだと思うけど、
高校のみんなと会うと、安心する。
オフィシャルな同窓会、しかも初めての出席ということもあり、
知らない人がたくさんいる、、、って、始まる前、すごく緊張してまた手の震えが出てきてたけど、
ひとり、ふたり、会って話し始めると、もうすっかりその気分。
ほんと、みんなに会えてよかった。
この機会に、仲良くなれたひともいて。
そしてやっぱり、クラスでもまた集まりたいな。
いつもいつもみんなこれるわけじゃ無いだろうけど、
じゅんぐりじゅんぐり、いろんなひととまた会いたくなった。
行ってよかった、ほんとうに。
1日経ってもまだ余韻にひたっております。

Open / Close

気怠さからくる眠気と焦燥感の同居

50. その他 2016年7月6日 水曜日 7:20:35

からだが重く、気怠く、眠い。
睡眠不足からくるものとは違う眠気。
と同時に常にそわそわ焦りや恐怖があり、
目を閉じても眠れず、落ち着かず。
かと言って何かできるほど動けるわけでもなく、
何かしたとしても眠くて手につかず、落ち着きもせず。

Open / Close

職がない

50. その他 2016年4月26日 火曜日 21:59:58

・障害者枠なり、いまのじぶんの体調の範囲で働ける。
・デザイン、できればプロダクト
これを両立する求人はない。
デザインでもWebならちょこちょこあるが。
デザインを諦めて働ける範囲のなんでも探すか、
無理して通常枠のデザイン職探すか、、、。
どっち転んでも先が見えてる、、またひどくなる。
詰んだ

Open / Close

つめたい

50. その他 2016年1月24日 日曜日 5:34:07

寒いのではなく、冷たい。
手袋をしててもかじかむ指、
刺すような痛みのする耳、
キーンと聞こえるような静けさ。

Open / Close

おめでとう

50. その他 2015年4月18日 土曜日 18:18:58

200150411、大学の友達、S田の結婚式。
誘いを受けた時は喜んだ。
おお、遠いところに居るのに誘ってもらえるなんて、って。嬉しかったなあ。
待合室では、新郎側は全員外で待機苦笑。
H田がばっちりご祝儀袋に入れてきていてめっちゃしまった!と思った><
H田はできてる人だなあとしごく感心したよ。
逆にM谷の受付の仕方が斬新だった。
参列者一覧を丸めてあるひもが、ゴムかと思いきや普通の紐なのね。みんなもっかい丸めるのに苦労してた笑
そう、結婚式はもちろん福岡で。
大名のこじんまりしたチャペル、会場のある場所で。
小さなチャペルだけど、光が綺麗にとりこまれて、いいところだった。
いつもの忘年会に毛が生えたレベル、的なことを聞いてて、S田らしいなあと思ってたけど、いやいやいや、めっちゃちゃんとしてるじゃん!
式では新郎が参列者が持っているお花を集めてまわるという謎演出が斬新。
その時、まさかの俺が忘れられるというハプニング!
隣のKわちゃんがお花を渡してから、S田がお花を纏めて持ち直してるなあと思ってたら、そのまま向こうに向かって歩いてく、、、
ああ、忘れられた!めっちゃ悲しい!膝からガクンとなったよ!
思わず呼び止めた。
どうやらカメラマンと思ってたらしい。
確かに服地味だったしカメラ大げさだし端っこだったしね。
こういう時アドリブきかないのよね、俺。
S田も、登場前にちょっとテンパってたみたいだから余計間違えたかな。
そうね、せめて端っこじゃなかったらよかったね笑
その後、新婦を連れてS田が再び前へ。
神父さんもいて一通りの式を。
誓約書の猫ちゃんの拇印がめっちゃ可愛かった!
それにしても男の少ないことよ笑
確かに誘われた時、重要な男戦力やけん、とは聞かされてたけど!
ダンパの人とか俺の知らない人とか居るのかなあって思ってたよ。
でもS田のホントに仲良い人達が集まった感じ。
その中に誘ってくれてめっちゃ嬉しかった。
式が終わって新郎新婦が退場したら、クラッカーを鳴らしてください、ってスタッフさんに渡されてたんだけど、鳴らそうとしたら新郎新婦が大砲みたいなワインボトル型のクラッカーをこちらに向けた!
何それ、聞いてない!めっちゃ怖い!
参列者と新郎新婦と同時にBANG!
二人の大型クラッカー、金ピカの帯がたくさん降り注いでめっちゃすごかった!
その後そのまま外で写真撮影の時間。
新婦さん側の友人にまたもやカメラマンと間違われる俺。。。
一眼レフ持ってるけど、レンズもちょいデカイけど、そんな大したカメラでは無いのよー。腕も大したことないのよー。
そんなたいそうなカメラ?だったので、全員で撮った写真も俺のカメラでスタッフさんに撮ってもらった。
お食事はとても豪華でとても美味しかった!
料理の写真も撮ればよかったかな。
新郎新婦が参列者の席を順にまわるというスタイル。
二人はゆっくり食べられなかったみたいだけど大丈夫だったかな。
新郎新婦のプロフィールムービーは、そこここでざわつきが笑
Kんちゃん、M下、気づかんかったよー!
懐かしい写真もいっぱい。
俺の髪の毛がボッサボサでそういうとこ昔からだなあ俺。
忙しい中、何本かのムービーを作ったんだろうなぁ。すごい。
リーダーが前日、次の日まで仕事を依頼してたみたいで申し訳ないって言ってた。
でも友達同士で責任持ってお仕事依頼って素晴らしいなあ。
食事が終わって新郎新婦がお見送りしてくれた。
ブラックサンダーもらえたよ!
福岡感満載だよ!
これ、新婦側には伝わるだろうか。
時間をあけて二次会。
歩いて行ったらちょうどいい時間になった。
幹事がS田本人だったらしく、しかも正確な人数を言ってなかったらしい。どこに座るかちょっとモタモタ苦笑。
待ってたわけではないんだけど、飲み物が出てこなくて、新郎新婦が来た後にちょうど始まった感じ。
博多と天神の関係は、広島で言うと、市内と広島駅、みたいなもんという話が新婦の友人から出てきた。
おお、まさにそうだ、言われて気づいたよ。
そう、俺は安佐なんとか区です。
Mちゅんがもつ鍋を頼みたそうだった。
俺もできれば食べたかったけど、すでにお腹いっぱいだった。
なんかその後はたくさんたくさん話したなあ。
俺は日曜日を移動日にすると翌週動けなくなるので先に失礼しちゃった。
最後に新郎新婦とスリーショット。
S田が例のはっちゃけたピースをしてくれた。
と、帰る時にお店からケーキのサプライズ登場!
花火つき!!
最後にその写真を撮って退席しました。
新郎新婦が表まで見送ってくれて嬉しかったなあ。
帰りはそこそこのペースで帰りました。
誘ってくれてありがとう!
みんなにも会えて嬉しかった!
写真うまくなくて、しかもみんなをあまり撮ってなくてごめん!
改めて、S田夫妻、おめでとうございます!

Open / Close

広島土砂災害、9月26日の八木

50. その他 2014年9月27日 土曜日 9:46:21

まだ瓦礫だらけの会社のそば。
2014092709501900-IMG_5635.JPG
めちゃくちゃに壊れたクルマと家のサッシ
2014092709501901-IMG_5637.JPG
クルマがめちゃくちゃ
2014092709501902-IMG_5639.JPG
その奥はまだ土砂の堆積がひどい
2014092709501903-IMG_5641.JPG
山の上の方にも重機が行ってる。でも多分これが限界。その上はどうするんだろう。

Open / Close

広島土砂災害、9月5日、緑井8丁目と八木3丁目の境

50. その他 2014年9月7日 日曜日 11:46:55

20140907-img_5315.jpg
旧道にバスが戻ってきた
20140907-img_5316.jpg
線路沿いの家。どれだけ泥で埋まっていたかわかる
20140907-img_5319____________.jpg
掘り起こされた路地
20140907-img_5321____________.jpg
クルマが暴れていた路地、、、と思っていたら半分は水路だったなんて
20140907-img_5323.jpg
山の上からここまで一気にまっすぐ土砂が襲ってきたのが解る。恐ろしい
20140907-img_5325.jpg
そして会社は20mくらいしか離れてない。

Open / Close

広島土砂災害、9月2日、緑井8丁目と八木3丁目の境

50. その他 2014年9月2日 火曜日 18:59:40

毎朝会社に行く時に、目の前に崖崩れの山が見える。
本当に目の前に何本も崩れた場所が見えるから恐ろしい。
たとえ下の土砂を取り除いたとしても、山のかなり上の方から崩れてるからそこをどうするのか心配でならない。
どうかもう崩れませんように。
20140902-imgp3337.jpg
だいぶ上の方から崩れている。上の方にも重機が入ってる
20140902-img_5276.jpg
まだ泥に埋もれた路地
20140902-img_5277.jpg
すさまじい衝撃だったのがわかる
20140902-img_5278.jpg
自衛隊が人海戦術で路地の土嚢を運び出す
20140902-img_5279.jpg
まだ踏切に流れ込む水
20140902-img_5280.jpg
復旧したとはいえ、泥に埋もれている枕木
20140902-imgp3347.jpg
捜索、救助活動に集まる消防隊員
20140902-imgp3348.jpg
土砂を運ぶトラックが行き交う

54号線からズームで寄る。また今にも崩れてきそうでこわい。

復旧した可部線。日常が少し戻ってきた。

Open / Close

広島土砂災害、9月1日、緑井8丁目と八木3丁目の境

50. その他

会社から見える範囲では少し片付いてきたかのように見える。
一見して側溝の上の土嚢がかたづけられたり、側溝じたいも奇麗になったりしてる。
でも相変わらず猛烈な土臭さだし、山を見れば荒々しく削れている。
そして一歩路地を入ればまだまだ泥に埋まっている。
とても普段の生活にはほど遠い印象。
20140902-img_5256.jpg
まだじゃぶじゃぶ水が流れ出てきている。これがまだ山の上にあると思うと恐ろしい。
20140902-img_5258.jpg
クルマの山だったところはさすがに掘り進められてない。
20140902-img_5259.jpg
1m近い段差。ここ一帯これだけの量の泥が流れてきているのは恐ろしい
20140902-img_5262.jpg
重機の幅だけ掘り進められた路地。
20140902-img_5264.jpg
その奥はまだ手つかず
20140902-img_5265.jpg
午後、一時的にだけど猛烈な雨が降ってきた。恐ろしくなる。

Open / Close

広島土砂災害、30日、筒瀬

50. その他 2014年8月30日 土曜日 18:18:41

今日はちょっとクルマに乗ってみようと思っていつも通ってたルートをまわってみた。高陽から高校の前を通って筒瀬に抜けて太田川橋までぐるっと。そしたら災害のあった場所は避けたつもりが何箇所か崩れてる。毘沙門台でも筒瀬でも崩れてこっちは通行止めになってた。あの山の周囲がぐるっと崩れてる。
筒瀬の大規模な土砂崩れの場所は、全くの手付かず。
人もおらず、交通量も少ないからか人出がまわされてない様子。
20140830-____________________________2014-08-30_18_02_03.jpg
筒瀬の採石場のそば。毘沙門台から筒瀬に抜ける峠道を下りてきて太田川にぶちあたった交差点を右に曲がったところ。ここが大きな大きな土砂崩れがおきていた。
目の前が土砂崩れで道がふさがれているなんて初めての経験でショッキングだった
20140830-img_5220.jpg
離合しなければ通れない場所を通り抜けて目の前がひらけると、、、、道路に立ちふさがる土砂
20140830-img_5221.jpg
この写真の右上の山から一気に道路を通り越して川まで土砂崩れ
20140830-img_5222.jpg
対岸から見たもの
20140830-img_5223.jpg
小さい緑の縦長の四角い物体は大型バスを社屋?にしていたもの。土砂崩れの規模がわかる。下は川。
20140830-img_5224.jpg
山のかなり上の方から一気に川まで。。。