AtoZ 時々 鬱な日記

Open / Close

死闘

未分類 2017年10月16日 月曜日 8:00:33

よく、頑張りすぎないように、
追い込まないように、
適度に休んで、
と先生に言われるけれど、
頑張らないと仕事ひとつできないし、
頑張らないとそもそも起きてられないし、
追い込まないとできないし間違うし、
一度休むと急降下する。

優しい言葉なのはわかってるし、
自分でも休むことは必要だと思ってる。

休むなら一ヶ月働いたら二ヶ月休まないと身体的にも精神的にももたない。

だけどやっぱり頑張らないと生きていけないんだ。頑張らないと起きることひとつできないんだ。

ベーシックインカムは弊害が多すぎるとは思うから気軽に賛成できないけれど、
ひとついいことがあるとすれば、
無理して頑張れないひともいる、ということが理解されるのではないかという淡い期待があること。
でも日本じゃうまくいかないだろうね。

閑話休題

ともかく、一度休むと癖になる。
頑張り続けないと生きていけない。
でも頑張ることが無理になってきてるし、
頑張ることが鬱を悪化させ、
ミスを多発して怒られる、
そしてそれはまた鬱を悪化させる。

なにがブランクによる技術不足なのか、
どこからが鬱によるパフォーマンス不足なのか、
なにが発達障害由来のミスなのか、鬱由来のパフォーマンス不足なのか、単なる技術不足なのか、
どこまで障害者枠の権利としてうったえていいことなのか、わからない。
ともかく頑張らないと簡単なことひとつ、できやしない。
ここまでして頑張る意味ってなんだろう。
どうやったらうまく休めるんだろう。

会社ではミス連発、技術不足、で怒られ、
家ではなにかひとつでもヌケてるとやいのやいの言われ、
安息の時間も場所も、ない。

一番いいのはやっぱり友達に会うことだと思う。
大阪>横浜や島根に行った時は安らいでた。
だけどみんな事情があってなかなか会うこともかなわなくなってて。
俺自身も土日寝込むことが多くて、その日に動けるかどうか、約束がこわい。

そして安らいだことを引きずれず、帰った瞬間現実の厳しさに引き戻される。

どうやったら日々休みを取り入れながらやっていけるのだろう。

(ハートをくれたユーザー:ゆみ, はごろも, りーむ, Nemo, ぎりさん, うみこ)

Write comment