AtoZ 時々 鬱な日記

Open / Close

事解

40. 体調管理/独り言 2018年3月10日 土曜日 21:52:57

いつからかパラリンピック好きじゃなくなった、
というか、パラリンピックの中継、報道、そしてそれを見る人間の会話が嫌い
個性、希望、能力、やる気、頑張り、勇気
そんな雑な言葉でまとめられて、
その選手たちが負ってるハンデ、それを覆すのがどれだけ大変かなんてわかるはずもないのに、わかってそうなことを言う。

根本的に他人の苦労は解り得ない。ただあるのは「自分は他人のことを『解らない』ことをわかってる」かどうかだけ。
自分にそういう認識がないことがあからさまになるような軽い言葉を使われると哀しいし腹立たしい。
それに活躍している人として選手はとりあげられて個性、努力というけど、圧倒的大多数の障害を持つ人は、突出した個性もなく頑張れる意思も環境もなく、どれだけ苦労しているか。
そしてそれが精神のことになるとどれだけ見た目に解りづらいか。
頑張る、いや、頑張ろうとする、その気力や思考がまずできなくなるのに。
他人や身体の人と比較しているのではない。相対的ではなく絶対的に絶望している。
他人が苦しいことと、自分が苦しいことと、なんの関係もない。ただ自分が苦しく、なにもできない自分を責める

Open / Close

無念

40. 体調管理/独り言

友達の結婚式。
遠方なこともあるし、そもそもろくに動けないから行けないことが哀しい、哀しい。悔しい。申し訳ない。
こんなアタマじゃこんな体じゃなきゃ、行けてたのだろうか。