AtoZ 時々 鬱な日記

キュン。

50. その他 2016年10月18日 火曜日 0:19:57

それは、昔の愛犬。
近所のひとが何匹か連れてきて、その中から一番ひ弱な子を選んで引き取った。
自分が遊びから帰ったらすでに居て、名前も「キュン」に決まってた。
ほんとにひ弱で、気弱で、しばらく懐かず怯えていた。
だんだん慣れてきて、玄関をガラガラとあけると、尻尾を振って喜ぶようになった。
父親は犬小屋は作ってくれたが、
土を掘り返すから、と、すぐにまわりをコンクリで固め、
鎖も短くされた。
犬は基本的にその家の、男、特に家長を主人とみなす。
しかしキュンは明らかに自分を主人とみてくれてた。
実際散歩は日に二回、朝晩毎日連れてった。
キュンはなにより、あの家において、自分にとって癒しだった。
姉もそうだったろう。
ふたりとも、なんともなしに、キュンのもとにいき、遊んだ。
それに、短い鎖でつながれ、夏は暑いコンクリで固められ、
犬の本能的な行動である土を掘ることすら禁じられたキュンを大事にしたくて、
散歩の時は、家の前の急な坂を、
キュンが目一杯走れるように、一緒にダッシュした、キュンの方が速かったけれど、それでも全力で毎日走った。
公園で、誰も居ないことがあると、ひもを手放して、思い切り走り回らせたり、した。
ドリフトするくらい嬉しそうにずっとずっと駆け回ってた。
思えばキュンも、あの家で、閉じ込められいろんなことを禁じられてた。
幼少の頃はそこまで明確に考えてなかったけど、なんとなく、
散歩の時はできるだけ、走れるように、時にはゆっくりにおいを嗅がせるように、キュンにあわせた。
もし、キュンがいなければ、
おそらく、自分も姉も、もっと小さな頃からおかしくなってたと、
思う。
大学の時家から離れて、
時々帰ると、もうあまり走れないのに、
昔のように散歩の時はキュンは走ろうとしてくれた。
こいつ、なんて可愛いんだ、って思った。
Instagramなどで、ワンコの写真を見てて、ふと、キュンを思い出した。

高校の同窓会

50. その他 2016年8月15日 月曜日 19:39:54

2016.8.14
卒業して20年の、同窓会。
10期生、20期生、30期生が一堂に会するオフィシャルなもの。
今回初めて出席した。
同じクラスで、
卒業してからもちょくちょく会ってたり、
卒業してから連絡取るようになったり、
ほんと最近会うことができたり、
そしてこの同窓会でほんとようやく会えたり、
同じクラスでもほんと懐かしくて。
そして他のクラスにも、ちらほら知ってる顔が。
話しかけると、向こうも覚えててくれたり、向こうは覚えてなかたったり、
ふとしたところでばったり会っておー!久しぶり!来とったん!?なんて奴もいたり。
ホテルの会場で行われた総会から、二次会、三次会へとなだれ込み。
二次会では、ほかのクラスのひととたくさん話した。
そして中学一緒だったっけ!?ってひとがいたり。
で、帰って中学のアルバム見ると同じクラスやん!て判明したり。
なんせ、小中高ずっと一緒だった奴もけっこういるので、
誰がどこの繋がりだっけ?てなることしばしば。
帰りは、その、小中も一緒だった3人と一緒にわいわい帰ったり。
そして、同じクラスのみんなと集まると、ほっとするε-(´▽`)
なんか、落ち着く。
地元に帰ってきても、なんかまだアウェイな感覚があるんだけど、
それはやっぱ高校卒業してからずっと、地元を離れてたし、
帰省もあんましてなかったからだと思うけど、
高校のみんなと会うと、安心する。
オフィシャルな同窓会、しかも初めての出席ということもあり、
知らない人がたくさんいる、、、って、始まる前、すごく緊張してまた手の震えが出てきてたけど、
ひとり、ふたり、会って話し始めると、もうすっかりその気分。
ほんと、みんなに会えてよかった。
この機会に、仲良くなれたひともいて。
そしてやっぱり、クラスでもまた集まりたいな。
いつもいつもみんなこれるわけじゃ無いだろうけど、
じゅんぐりじゅんぐり、いろんなひととまた会いたくなった。
行ってよかった、ほんとうに。
1日経ってもまだ余韻にひたっております。

stiff, fear

40. 体調管理/独り言 2016年7月19日 火曜日 8:19:55

stiff

i am trembling or shake all over with fear
http://twitter.com/azmen/status/755163817655447552
i am scared and stiff of something, anything…
http://twitter.com/azmen/status/755165894024626176
unbearable dread of something, dont understand with that…
http://twitter.com/azmen/status/755168038677164032
i am under extreme tension
http://twitter.com/azmen/status/755175719001464832
save me… remove that dread, stiff,extreme tension…
http://twitter.com/azmen/status/755175362145857536
its now, tears…
puzzled…
http://twitter.com/azmen/status/755177886777155584

気怠さからくる眠気と焦燥感の同居

50. その他 2016年7月6日 水曜日 7:20:35

からだが重く、気怠く、眠い。
睡眠不足からくるものとは違う眠気。
と同時に常にそわそわ焦りや恐怖があり、
目を閉じても眠れず、落ち着かず。
かと言って何かできるほど動けるわけでもなく、
何かしたとしても眠くて手につかず、落ち着きもせず。

鉛のよう

40. 体調管理/独り言 2016年7月5日 火曜日 7:57:09

ここんとこ、ほんとに何にもできなくなってる。
土日はほぼ寝たきり。
空いた時間も、何かを見るのも疲れるし、頭に入らない。
好きなデザインの情報収集すら、頭に入らず集中できず、文章どころかビジュアルすらも見ること自体疲れる。
ほんとに、よく言う「鉛のように重い」というアレ。

脳の退化

40. 体調管理/独り言 2016年6月28日 火曜日 8:31:31

何かしなきゃいけないことがたくさんある時、
優先順位をつけて、ちゃんと整理してとりかかったつもりでも、
どこかで、あれもある、次はあれやらなきゃ、あのやつは手がかかるからどうしよう、
と、ひとつのことに集中できなくなってる。
仕事だけでなく、なにか娯楽なり勉強なりで何かを見てる時も、
あれをしなきゃ、あれもあったな、こっち先にやった方がいいかな、
これ面白くないからあれにしよう、やっぱりさっきのがいいかな、、、
と、全く集中できない。
ADDの典型、というか、前はこんな酷くなかったのに、
今はなんでこんなにひとつのことに集中できなくなったんだろう。
前はもう少し頭の中を整理して、ちゃんと順番づけてやるなり、処理待ちの間にちゃちゃっと他のことすませたり、
うまく処理できていた。
土日含め、脳が休まる時間が全くといってもいいほどないのもあるかもしれない。
常に何かに追われてる、何かを恐れている。
ものすごく、脳の退化を感じる

働かないあたま

40. 体調管理/独り言

近所にまともな品揃えのレンタル屋がないからDMMのレンタル使ってて、まあ借りるのはほぼアニメなんだけど><
無彩限のファントムワールドを借り出したんだけど、新しいものが観れないというか頭に入らない。
結局昔から持ってるPatraborとか攻殻とかbebopとか繰り返し見てる
kill la killは中盤まで観て、内容の忙しさに疲れてギブアップ。
でも境界の彼方はすっと観れて好きになってハマったなぁ。
この次はキズナイーバーが控えてる。ブンブンが主題歌だし、内容も期待してる。すっと観れるといいな
気分によって、Patrabor、あぶない刑事、CowboyBebop、日常、攻殻、前から持ってるこのへんを繰り返し観てる、というか流してしまってる。
新しいものがほんと頭に入らなくなってる。
漫画もだしデザイン系クルマ系mac系に関わらず情報源見てもなんとも感じないし入ってこない
AXIS、CarStyling、casa、すべて本、カーグラあたりの雑誌、
マイぼーる、働かないふたり、ブラックラグーン、読んでた漫画はこのくらいか、それも、
全く見なくなってしまった。
本も何冊かkindle含め買ったのあるけど、3ページくらいでギブアップしちゃう。脳の退化じゃ
スケッチの練習とか、WordPressのカスタムの勉強とか、css3の勉強とか、ポートフォリオ作り直しとか、実際にやらなきゃいけないことも、できてない。ほんと、カラダもアタマも動けなくて。
仕事もほぼルーチンだからできてる感じ。仕事中以外ほんとに全く何にも動けてない。ほんと困った

土日

40. 体調管理/独り言 2016年6月27日 月曜日 8:30:55

別に土日が嬉しいわけではない。
仕事はないけど、
家の圧迫感、威圧感があるし、
そもそも「日々」それ自体やり過ごさないといけないことが辛いことにかわりはなく。
土日は仕事の疲れ、からだの疲れをとるためだけの日。
何もできずずっと寝てしまっている。
土日もやっぱり「何か」ができない。

常にある恐怖

40. 体調管理/独り言

会社に行く前、こわくなる、ばくばくする。
漠然と。
仕事が終わってあがって帰り道、こわくなる、ばくばくする。
何かやり残したことはないか、今日やったものでミスとかしてないか。
同じく帰り道、こわくなる。
またあの家に帰らないといけない。
怯え、を超えて恐怖。
帰って自室に閉じこもる。
涙が出てくる。
1日が終わった安堵感なのか、
こんな日々が延々と続く恐怖なのか。
眠りに落ちるまで、恐怖は終わらない。
朝、それがやってきたことに絶望する。
それの繰り返し。
常に怯え、恐怖し、安堵することが、ない。

焦りとパニックという誤思考

40. 体調管理/独り言

毎朝気だるさがとれないまま仕事に入る。
そして今日捌かなければいけない原稿の量を見てパニックになる。
優先順位をつけてひとつずつやることにしても、
次あれやらなきゃ、あれは手間がかかる、あの分はどんな手法でやろう、、、と後のことが気になって、
全部が終わるまで焦りがおさまらない。
そして仕事が終わって帰っても、その焦燥感、ばくばくがおさまらない。
そしてなぜか恐怖。
やり忘れたことがあるんじゃないか、
何かミスしたんじゃないか、、、。
毎日、なんだかんだでこなすものはこなせてて、パニックになる必要もないのに、次のことを気にしても、終わったことを気にしても、仕方ないのに、
仕方ないのを解っているのに、
それでも、毎日できてる実績があるのに、
パニック、焦り、恐怖がなくならない。