AtoZ 時々 鬱な日記

広島土砂災害、9月26日の八木

50. その他 2014年9月27日 土曜日 9:46:21

まだ瓦礫だらけの会社のそば。
2014092709501900-IMG_5635.JPG
めちゃくちゃに壊れたクルマと家のサッシ
2014092709501901-IMG_5637.JPG
クルマがめちゃくちゃ
2014092709501902-IMG_5639.JPG
その奥はまだ土砂の堆積がひどい
2014092709501903-IMG_5641.JPG
山の上の方にも重機が行ってる。でも多分これが限界。その上はどうするんだろう。

広島土砂災害、9月5日、緑井8丁目と八木3丁目の境

50. その他 2014年9月7日 日曜日 11:46:55

20140907-img_5315.jpg
旧道にバスが戻ってきた
20140907-img_5316.jpg
線路沿いの家。どれだけ泥で埋まっていたかわかる
20140907-img_5319____________.jpg
掘り起こされた路地
20140907-img_5321____________.jpg
クルマが暴れていた路地、、、と思っていたら半分は水路だったなんて
20140907-img_5323.jpg
山の上からここまで一気にまっすぐ土砂が襲ってきたのが解る。恐ろしい
20140907-img_5325.jpg
そして会社は20mくらいしか離れてない。

広島土砂災害、9月2日、緑井8丁目と八木3丁目の境

50. その他 2014年9月2日 火曜日 18:59:40

毎朝会社に行く時に、目の前に崖崩れの山が見える。
本当に目の前に何本も崩れた場所が見えるから恐ろしい。
たとえ下の土砂を取り除いたとしても、山のかなり上の方から崩れてるからそこをどうするのか心配でならない。
どうかもう崩れませんように。
20140902-imgp3337.jpg
だいぶ上の方から崩れている。上の方にも重機が入ってる
20140902-img_5276.jpg
まだ泥に埋もれた路地
20140902-img_5277.jpg
すさまじい衝撃だったのがわかる
20140902-img_5278.jpg
自衛隊が人海戦術で路地の土嚢を運び出す
20140902-img_5279.jpg
まだ踏切に流れ込む水
20140902-img_5280.jpg
復旧したとはいえ、泥に埋もれている枕木
20140902-imgp3347.jpg
捜索、救助活動に集まる消防隊員
20140902-imgp3348.jpg
土砂を運ぶトラックが行き交う

54号線からズームで寄る。また今にも崩れてきそうでこわい。

復旧した可部線。日常が少し戻ってきた。

広島土砂災害、9月1日、緑井8丁目と八木3丁目の境

50. その他

会社から見える範囲では少し片付いてきたかのように見える。
一見して側溝の上の土嚢がかたづけられたり、側溝じたいも奇麗になったりしてる。
でも相変わらず猛烈な土臭さだし、山を見れば荒々しく削れている。
そして一歩路地を入ればまだまだ泥に埋まっている。
とても普段の生活にはほど遠い印象。
20140902-img_5256.jpg
まだじゃぶじゃぶ水が流れ出てきている。これがまだ山の上にあると思うと恐ろしい。
20140902-img_5258.jpg
クルマの山だったところはさすがに掘り進められてない。
20140902-img_5259.jpg
1m近い段差。ここ一帯これだけの量の泥が流れてきているのは恐ろしい
20140902-img_5262.jpg
重機の幅だけ掘り進められた路地。
20140902-img_5264.jpg
その奥はまだ手つかず
20140902-img_5265.jpg
午後、一時的にだけど猛烈な雨が降ってきた。恐ろしくなる。

広島土砂災害、30日、筒瀬

50. その他 2014年8月30日 土曜日 18:18:41

今日はちょっとクルマに乗ってみようと思っていつも通ってたルートをまわってみた。高陽から高校の前を通って筒瀬に抜けて太田川橋までぐるっと。そしたら災害のあった場所は避けたつもりが何箇所か崩れてる。毘沙門台でも筒瀬でも崩れてこっちは通行止めになってた。あの山の周囲がぐるっと崩れてる。
筒瀬の大規模な土砂崩れの場所は、全くの手付かず。
人もおらず、交通量も少ないからか人出がまわされてない様子。
20140830-____________________________2014-08-30_18_02_03.jpg
筒瀬の採石場のそば。毘沙門台から筒瀬に抜ける峠道を下りてきて太田川にぶちあたった交差点を右に曲がったところ。ここが大きな大きな土砂崩れがおきていた。
目の前が土砂崩れで道がふさがれているなんて初めての経験でショッキングだった
20140830-img_5220.jpg
離合しなければ通れない場所を通り抜けて目の前がひらけると、、、、道路に立ちふさがる土砂
20140830-img_5221.jpg
この写真の右上の山から一気に道路を通り越して川まで土砂崩れ
20140830-img_5222.jpg
対岸から見たもの
20140830-img_5223.jpg
小さい緑の縦長の四角い物体は大型バスを社屋?にしていたもの。土砂崩れの規模がわかる。下は川。
20140830-img_5224.jpg
山のかなり上の方から一気に川まで。。。

広島土砂災害、29日、緑井8丁目と八木3丁目の境

50. その他 2014年8月29日 金曜日 18:32:32

よく、復旧に向けて、という言葉を聞くけれど、復旧作業をしている、というより、まだ救助、捜索活動をしている、そのために泥や水をどかしている、といったように感じられた。
泥をかきわけ奥へ進めば進むほど、惨状があらわになっている気がする。
路地の中ではまだ家の中から泥をかきだしているところ。路地じたいはまだ泥で浸かっていて、その泥の上を通らざるをえない。
そうして泥の上をずぶずぶ歩き、警察や自衛隊や消防、ボランティアの人たちが活動をしている。
重機でかきだそうにも、泥があまりに一面に深く堆積していて、いまだどこから手をつけたらいいのかわからいない状態。
背筋が凍る。
20140829-imgp3294.jpg
54号沿いの古川の河原の草木で、反乱した様子がわかる
20140829-imgp3296.jpg
旧道の裏の路地でタクシーに乗る報道。このまま大通りへ出て帰るのかと思いきや、混雑する路地を被害のより大きな梅林方向へ向かって行った。歩けよ、タクシーなんかで被害の大きなところへ行くなよ、と思う
20140829-img_5181.jpg
会社裏の側溝はきれいに掘り返された
20140829-imgp3298.jpg
また崩れやしないかと、見る度に恐ろしくなる。
それでも救助、捜索の人の陰がたくさん。危険を顧みず捜索している。。。
20140829-imgp3303.jpg
会社そばの側溝。積まれていた土嚢は取り除かれたが、まだ側溝が泥で埋まっている状態
20140829-imgp3304.jpg
八木3丁目に入ったあたり。物置が倒れている。猛烈な力。
20140829-imgp3305.jpg
あふれかえるクルマ
20140829-imgp3306.jpg
20140829-imgp3308.jpg
20140829-imgp3309.jpg
20140829-imgp3310.jpg
昨日から10mほど掘り進んだ路地
20140829-imgp3313.jpg
20140829-imgp3314.jpg
水没している踏切。踏切を渡った道は歩くとずぶずぶ沈む。数十cm泥がつもっている
20140829-imgp3315.jpg
うずたかく積まれた土嚢
20140829-imgp3316.jpg
え!?
20140829-imgp3317.jpg
めちゃくちゃになったクルマ。。。ほんとうに恐ろしくなった
20140829-imgp3319.jpg
玄関から出入りすらできない
20140829-imgp3320.jpg
埋もれた道路の脇だけ泥をかきわけて水の通り道にしている
20140829-imgp3321.jpg
集結する警察。神奈川県警や警視庁までいた。全国から集まってくださっている
20140829-imgp3322.jpg
その奥には埋もれたクルマ
20140829-imgp3323.jpg
軌道上を走れるトラックが連なる。架線も点検していたし工事は進んでいるのかも

広島土砂災害、28日、緑井8丁目と八木3丁目の境

50. その他 2014年8月28日 木曜日 19:35:07

今日はお昼に会社(緑井8丁目)から少し梅林寄りの方へ歩いてみた。
ほんの数十m歩いただけで景色ががらりと変わった。
恐ろしくなった。
会社はほんの数十mの違いで助かっていたようで。。。
20140828-imgp3268.jpg
いまだ埋もれたままの側溝
20140828-imgp3270.jpg
消防の人海戦術
会社からほんとにたった数十mいったとことは、、、
20140828-imgp3274.jpg
猛烈な泥の堆積で行き止まりに。。。軽く1mはつもっている
20140828-imgp3273.jpg
泥で持ち上げられたクルマ
20140828-imgp3275.jpg
激しく反乱していただろう泥で滅茶苦茶に流されているクルマ
20140828-imgp3276.jpg
完全に泥に埋まっている。このあたり一帯、この有様。自分が歩いているところは、地面から数十センチ浮いたところなのだ
20140828-imgp3277.jpg
激しい泥の流れがあったことがわかる
20140828-imgp3278.jpg
1m以上掘り返された道路の泥。かきわけても運び出せないのかここで止まっていた
20140828-imgp3279.jpg
本来入り組んだ路地をぐるっと廻っ手こないと入って来れない路地、そこに重機やトラックが入れないので、ガードレールをあけて線路をつっきって重機の通り道をつくっていた。よって可部線の復旧はまだ無理
20140828-imgp3280.jpg
会社から100mほどの隣の踏切。まだ水没している!
20140828-imgp3282.jpg
たった100m離れただけでこんあ惨状になっているとは。。。

広島土砂災害、20日、緑井

50. その他 2014年8月27日 水曜日 19:36:18

20140827-dsc_0503-2.jpg
泥に埋もれた会社
20140827-dsc_0506-2.jpg
流木もある
20140827-dsc_0507.jpg
事務所内も浸水
20140827-dsc_0512-2.jpg
道路と敷地の先目が消えている
20140827-dsc_0521.jpg
倉庫内も浸水
20140827-dsc_0563.jpg
タップ類も浸水
20140827-dscn7874.jpg
どこからがどこなのかわからない状態

広島土砂災害、27日の緑井8丁目付近

50. その他

20140827-imgp3215.jpg
上の方にも重機が入ってきたよう。
20140827-imgp3221.jpg
54号線沿いに集結している消防隊
20140827-imgp3223.jpg
通信用の車両かしら
20140827-imgp3224.jpg
対策本部の裏
20140827-imgp3227.jpg
まだ混沌としている会社前
20140827-imgp3229.jpg
交通整理の人たち、無線を使うようになってた。装備がだんだんそろってきたのかな
20140827-imgp3230.jpg
可部線の復旧。でもこの先はまだ水没してるとか。
20140827-imgp3232.jpg
まだ土に埋もれている側溝
20140827-imgp3233.jpg
優先的に作業している側溝。ここが流れないと次に流れてきたとき大変なことになる
20140827-imgp3236.jpg
でも会社裏の側溝はこんな。水面と道路の境目がない。
20140827-imgp3237.jpg
一歩裏に入ると手つかずの状態。
20140827-imgp3238.jpg
ガードレールの裏、土嚢が積まれている場所は実は側溝。土で埋もれている。
20140827-imgp3239.jpg
一本裏の路地は片付いていない。
20140827-imgp3242.jpg
山に入って行く消防隊。
20140827-imgp3243.jpg
広い駐車場やなんかは全て土砂の堆積場になってる。
20140827-imgp3245.jpg
土煙で向こうが霞む。
20140827-imgp3246.jpg
可部の方の山も崩れている。
20140827-imgp3248.jpg
災害対策本部。
20140827-imgp3249.jpg
本部に並ぶ自衛隊車両
20140827-imgp3251.jpg
城南中学校が自衛隊の野営地になったっぽい。
20140827-imgp3253.jpg
高瀬堰付近から見る芸備線。トンネルの出口が崩れている。今は復旧している。
20140827-imgp3257.jpg
家のすぐそばから被災地の山を見る、、、
20140827-imgp3256.jpg
、、、カメラで寄ると、傷跡がはっきりと。

広島土砂災害、26日の緑井8丁目の状態

50. その他 2014年8月26日 火曜日 18:19:30

20140826-img_5064.jpg
高陽東高校付近から望む象山。ここからでもはっきりと傷跡が見える。
20140826-imgp3197.jpg
太田川対岸から。こんな高いところから崩れてたっけ。
20140826-imgp3198.jpg
後ろに自衛隊車両が。
20140826-imgp3205.jpg
可部線の復旧が本格的に始まったか。
20140826-imgp3207.jpg
会社前のどぶ川。これだけ埋もれていた。
20140826-img_5079.jpg
会社裏の駐車場をきれいにしてくれた