AtoZ 時々 鬱な日記

Open / Close

闇夜

未分類 2016年12月18日 日曜日 22:41:59

あさは、嫌いだ。

これからいろいろ始まってしまう、あさ。
嫌いだ。

ひるもなお、嫌いだ。
い続けなくちゃいけないひる。
嫌いだ。

よる。布団の中。
そこだけが自分の居場所だった。

ひとりになれて、何もしないことが許される、よる。
唯一許される時間。

それが、最近よるがダメになっている。

ひとりになれるんだけど、
その、ひとりであることが、つらくなっている。
ひとりではなんにもできないことに気づいてしまって、
誰かに支えて欲しくて、でも誰でもいいわけではなくて、でも、その誰かなんていなくて。

そしてよるは、結局あさをつれてきてしまう。

ずっとよるならば、、、少しは気が楽なのに。
明日がなければ、明日頑張るために誰かを欲することも必要なくなるのに。

(ハートをくれたユーザー:acha)

Open / Close

頑張らない、とは

未分類 2016年12月13日 火曜日 8:24:49

頑張らないとはどういうことか。

いま自分が頑張ってること、
働くこともあるけれど、
何に頑張ってるかというと、
苦痛、恐怖、それらに耐えることを、頑張ってる。
存在すること自体を、頑張ってる。

それを頑張らないでいい、となるとどうなるんだろう。

耐えなくていい?
逃げる?どこへ?
ちゃんとした逃げ場へ行くことも、頑張らないといけない。
反抗する?それってかなりの頑張りが必要。
そして理解は得られないことは証明済。

耐えることを頑張らないってどういうことだろう。
わからない。

存在することを頑張らなくていい、ってことは、さらに、わからない

(ハートをくれたユーザー:oharu_oharu, 西川伊織, arcana)

Open / Close

無意識が剥き出しになる病気

未分類

昔読んだ漫画のいわゆる名ゼリフで、
ひとの足をとめるのは、絶望ではなく諦観、ひとの足を進めるのは希望ではなく意志。
というセリフがある。

自分はこのセリフが大嫌いだ。

うつ、、なのか発達障害か人格障害か不安障害か、、とにかくこういう精神疾患になると、
意志なんていう作り上げた外側の殻なんて簡単に吹き飛ぶ。

考え方を変えれば、とか、悲観的にならないで、とか、聞くけど、
それは解ってるし、
考え方を変えることは、できる。
できてた。

でも病気になってから、そんな後付けの思考や理論武装は簡単に剥がれ落ちる。

残るのは生まれてから積もってきてる「無意識」だけ。
無意識は意識にのぼらないから、変えようがない。
変えたと思ってもそれは結局外側だけでそれはまた簡単に脆くも崩れ去る。

感情、思考のクセ、恐怖、悲観、
そういった無意識だけが表面化し支配する。
精神疾患てそういうものではないのか。

ふと、思った。

(ハートをくれたユーザー:acha, こばやしまこと, 西川伊織, 嘴, arcana, こゆき)

Open / Close

過去との出会い

01. カーデザイン 2016年12月1日 木曜日 9:06:05

先日、
チョロQモータース・Uを初めて生でみることができた。
10年以上?経って初めて叶った。
方向からして目的地は同じ近所のスーパーぽかったから、
着いてからスーパーの駐車場を探してみたら、いた。
2016120109064800-image1.JPG
買い物でもされてるのだろう、少し経ってから戻ってまだいたらお話ししたいと思って5分も経たずに戻るともういなかった。残念。
でもそれまで一日寝てて動けずにいて、
でも眠れないのがつらくて、
最悪な気分だったのがふっとんだ。
2016120109064801-image2.JPG

Open / Close

逃げ場

未分類

誰かと暮らすことはもはや叶わないから、
一人暮らしすること、この忌まわしい実家から出ること。

そのためにはふつうに働くこと。

働くには体調を少しでもよくすること。

体調をよくするためには遠因、元凶の実家から出ること、、、。

逃げ場を考えてたらループになった、、。

(ハートをくれたユーザー:acha, へなちょこ, icoa, 真紀)